ランスへの旅

チケットを購入する
MAY 2021

一幕のドラマ・ジョッキーゾ
ジュゼッペ・ルイジ・バロチによる台本。
1825年6月19日、パリのイタリアン劇場で初演。
2018年6月15日ベルリン・ドイツ・オペラで初演


イタリア語(ドイツ語と英語の字幕付き


2時間45分/1インターバル


公演前レクチャー(ドイツ語):各公演の45分前

プログラムとキャスト

指揮者 ジャコモ・サグリパンティ

監督 ヤン・ボッセ

舞台美術。ステファン・ライメ

衣装デザイン カトリン・プラース

ライトなデザイン。ケビン・ソック

動画で見る。メイカ・ドレスカンプ

コリーナ:エレナ・ツァラゴワ

マルケサ・メリベア ベス・テイラー

フォレヴィルのコンテッサ マリーナ・モンゾ

マダム・コルテーゼ:ハルカル・サビロヴァ

キャバリア・ベルフィオーレ:ギデオン・ポッペ

リベンスコフのイルコンテ。フアン-デ-ディオス-マテオス

シドニー卿 ミーシャ・キリア

ドン・プロフォンド:ビアジオ・ピッツィーティ

バローネ・ディ・トロンボノック フィリップ・ジェカル

ドン・アルバロ:サミュエル・デイル・ジョンソン

ドン・プルデンツィオ:パドレイック・ローワン

ゼフィリーノ マイケル・キム

マダレナ:アレクサンドラ・イオニス

モデスティーナ:アリアナ・マンガネロ

デリア ダヴィア・ブーリー

アントニオ タイラー・ジンマーマン

オーケストラ. ベルリン・ドイツ・オペラ・オーケストラ

ベルリン・ドイツ・オペラ

ベルリンドイツオペラはドイツ・ベルリンのシャルロッテンブルク地区にあるオペラハウスで、ドイツ国内ではではバイエルン国立歌劇場に次ぐ2番目に大きな歌劇場です。ベルリン国立バレエ団の本拠地。

このオペラハウスの歴史は、シャルロッテンブルク地区が 「プロイセンで最も豊かな街」として独立していた時代の「シャルロッテンブルク・ドイツ歌劇場」に遡ります。 1911年よりハインリッヒ・ゼーリンク(Heinrich Seeling)によって設計され、1912年11月7日に開館され、イグナッツ・ヴァルター指揮の下ベートーベン「フィデリオ」が上演されました。 1920年ベルリン行政区新設法により、大ベルリンが設置された際、劇場の名前は1925年に「ベルリン市立歌劇場」となります。

オペラ座がナチス政権のコントロール下にあった1933年その名称は「ベルリン・ドイツ・オペラ」とされ、ベルリン州立歌劇場と覇を競い1935年に建物は座席数を減らして改築されますが1943年11月23日に爆撃を受け、破壊されてしまいます。

戦後、西ベルリンに新設され、1961年9月24日に現在の名称「ベルリン・ドイツ・オペラ」としてモーツァルトの「ドン・ジョバンニ」をもって開場されます。

座席数1900

© Günter Karl Bose
© Ruth Tromboukis
© Bettina Stöß
© Ruth Tromboukis
類似したイベント