アンチクリスト

チケットを購入する
JAN 2022 Next

2幕と6枚の写真による教会オペラ。 P. E. Benzonによる劇的な詩「Antikrist:Et Dramatisk Digt」とRobert Hugh Bensonによる「Lord of the World」の後の作曲家による台本。 1921年から1923年の間に作成された最初のバージョン、BVN 170、1926年から1930年の間に改訂されたバージョン、BVN 192。


16年から推奨


ドイツ語と英語の姓を持つドイツ語


90分/間隔なし

プログラムとキャスト

音楽監督 ステファン・ジリアス

制作、舞台 エルサン・モンドタグ

コスチューム Ersan Mondtag, Annika Lu Hermann

合唱 ジェレミー・バインズ

照明: ライナー・カスパー ライナー・キャスパー

振り付け Rob Fordeyn

ドラマトゥルギー カロリン・ミュラー=ドーレ

ルシファー:トーマス・レーマン

神の声 ヨナス・グルンドナー=クレマン

謎めいたムードの響き。ヴァレリア・サヴィンスキア

謎めいた雰囲気の アイリーン・ロバーツ

偉大な言葉を語る口。トーマス・ブロンデル

不快感:N. N.

偉大な売春婦 フルリナ・シュトゥッキ

緋色の野獣 ミヒャエル・ケーニッヒ

嘘:トーマス・ブロンデル

憎しみのために セス・カリコ

声:トーマス・リーマン

ダンサー ヴァスナ・フェリシア・アギラール、ジョエル・ドナルド・スモール、ジョルジア・ボーヴォ、島岡由利、ギョルギー・イェリネク、ヴィンセント・クラヴァゲラ、アナ・ドルデヴィック、ダフネ・ファーンバーガー、レオ・リン、デリック・アマナティディス、アシュリー・ライト、ユリス・ザングス

合唱団 ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団

オーケストラ ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団

ベルリン・ドイツ・オペラ

ベルリンドイツオペラはドイツ・ベルリンのシャルロッテンブルク地区にあるオペラハウスで、ドイツ国内ではではバイエルン国立歌劇場に次ぐ2番目に大きな歌劇場です。ベルリン国立バレエ団の本拠地。

このオペラハウスの歴史は、シャルロッテンブルク地区が 「プロイセンで最も豊かな街」として独立していた時代の「シャルロッテンブルク・ドイツ歌劇場」に遡ります。 1911年よりハインリッヒ・ゼーリンク(Heinrich Seeling)によって設計され、1912年11月7日に開館され、イグナッツ・ヴァルター指揮の下ベートーベン「フィデリオ」が上演されました。 1920年ベルリン行政区新設法により、大ベルリンが設置された際、劇場の名前は1925年に「ベルリン市立歌劇場」となります。

オペラ座がナチス政権のコントロール下にあった1933年その名称は「ベルリン・ドイツ・オペラ」とされ、ベルリン州立歌劇場と覇を競い1935年に建物は座席数を減らして改築されますが1943年11月23日に爆撃を受け、破壊されてしまいます。

戦後、西ベルリンに新設され、1961年9月24日に現在の名称「ベルリン・ドイツ・オペラ」としてモーツァルトの「ドン・ジョバンニ」をもって開場されます。

座席数1900

© Günter Karl Bose
© Det Kongelige Bibliotek
© Bettina Stöß
© Det Kongelige Bibliotek
類似したイベント