ザ・ドワーフ

チケットを購入する
JAN 2022

プログラムとキャスト

1幕のオペラ
リブレット:ゲオルク・C・クラレン(オスカー・ワイルドの「インファンタの誕生日」に基づく
1922年5月28日にケルンで初演
2019年3月24日、ベルリン・ドイツ・オペラで初演


プロローグとして
アーノルド・シェーンベルク(1874年~1951年
オーケストラのための「悲歌の音楽」作品34 34 (1930)


ドイツ語(ドイツ語と英語の字幕付き


1時間30分/休憩なし


プレパフォーマンス・レクチャー(ドイツ語):各公演の45分前に実施


出演


音楽監督 ドナルド・ラニクルズ

制作 トビアス・クラッツァー

舞台、衣装 ライナー・セルマイヤー

照明 シュテファン・ヴァインケ

合唱 ジェレミー・バインズ

ドナ・クララ:ハイディ・ストーバー

ギータ エミリー・マギー

ドワーフ:デビッド・バット・フィリップ

ザ・ドワーフ(パフォーマー)。ミック・モリス・メナート

ドン・エストバン フィリップ・ジェーカル

最初のメイドさん フルリナ・シュトゥッキ

二人目のメイド アリアナ・マンガネロ

第3のメイド カリス・タッカー

第一の少女 So Young Park

The second girl Kristina Häger(クリスティーナ・ヘーガー

アルマ・シンドラー(ピアニスト)。アデル・エスリンガー=ラニクルズ

アレクサンダー・フォン・ツェムリンスキー(ピアニスト):Alexander von Zemlinsky エフゲニー・ニキフォロフ

合唱団 ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団

オーケストラ ベルリン・ドイツ・オペラ管弦楽団

ベルリン・ドイツ・オペラ

ベルリンドイツオペラはドイツ・ベルリンのシャルロッテンブルク地区にあるオペラハウスで、ドイツ国内ではではバイエルン国立歌劇場に次ぐ2番目に大きな歌劇場です。ベルリン国立バレエ団の本拠地。

このオペラハウスの歴史は、シャルロッテンブルク地区が 「プロイセンで最も豊かな街」として独立していた時代の「シャルロッテンブルク・ドイツ歌劇場」に遡ります。 1911年よりハインリッヒ・ゼーリンク(Heinrich Seeling)によって設計され、1912年11月7日に開館され、イグナッツ・ヴァルター指揮の下ベートーベン「フィデリオ」が上演されました。 1920年ベルリン行政区新設法により、大ベルリンが設置された際、劇場の名前は1925年に「ベルリン市立歌劇場」となります。

オペラ座がナチス政権のコントロール下にあった1933年その名称は「ベルリン・ドイツ・オペラ」とされ、ベルリン州立歌劇場と覇を競い1935年に建物は座席数を減らして改築されますが1943年11月23日に爆撃を受け、破壊されてしまいます。

戦後、西ベルリンに新設され、1961年9月24日に現在の名称「ベルリン・ドイツ・オペラ」としてモーツァルトの「ドン・ジョバンニ」をもって開場されます。

座席数1900

© Günter Karl Bose
© Monika Rittershaus
© Bettina Stöß
© Monika Rittershaus
類似したイベント